高知県でスクリュー杭基礎やりゆうよ

2015年10月29日

遠かった・・非常に遠かった土佐清水。そして色々あった土佐清水。

大阪からかかった時間は約6時間、高知県の最南端付近まで杭基礎工事にいって来ました!

大阪から土佐清水まで行く方はガソリンスタンドに注意!

早い時間なら開いているところはあるが、深夜営業をしているスタンドは皆無!夜に移動する人は必ず前もって満タンにしておきましょう!

話が大分それましたが、今回の現場はスクリュー打ち込みの案件。
kw数は分かりませんが、スクリュー杭の本数は48本。

まずはいつものように各アレイが収まるかどうか、測量を・・・

「あれ・・・おさまりませんよこれ」

図面では長方形で結構ゆとりがある設計なのにwhy?

今回は孫請けとしてお仕事をさせてもらったんですが、
話を聞いてみると元請けさんが野立て案件が始めてらしく、航空写真から適当に寸を測った模様。
電材の発注も終わっているので4アレイある内、全てのアレイの向きを揃えないといけない事に・・・
さらに土地の形状が結構いびつで番地違いのおまけ付きときたので、こりゃぁ手強いぜよ!!

何とか収まる方法を発見し、ようやくポイントを出すことに。

DSC_0048-w638-h355

スクリューをポイントに配っていきます。

配って行きます・・・配って・・・5本たりねぇんですけど!

おまんらおどろいたがよ!お泊まり確定だがよ!
この日に全て終わらせる予定だったのが、翌日に不足分の5本が届く事になり1泊する事に・・
いけるとこまで仕事を終わらせ翌日ゆったりとする事に。
DSC_0049-w638-h355

打ち込み作業開始!元々農地だったみたいですが、色々な土地へ行き何千本とスクリュー打ちをやっていると、農地であっても地中であたりそうな土地かどうかが何となく分かるようになってきます。そう!大地の声が聞こえるのです!

地中で石などにあたるだろうと思ってましたが、案の定大当たり!地上から40cmに思いっきり石の層がありました。

地盤によっては掘削しますが、元農地なので掘削してしまうと強度が非常に弱くなるため、

タイトなジーンズにねじ込むように、無理矢理ねじ込み後で調整する方法をとりました。

1アレイだけ残し強度測定へ

今回から新しいオニューの計りです!テンションあがりますね!

DSC_0053-w638-h355

逝ってしまわれた・・・

煙吹いて壊れました!なんて日なんだ・・
事情を説明し、強度は重機自体についているもので測定する事に。
この日の作業はここまで!

翌日、スクリューが届くのが13時だったので観光する事に。
DSC_0057-w638-h355
竜串海岸
めっちゃ滑らかな岩が沢山あり神秘的でした。
DSC_0058-w638-h355
グラスボート!きれいな珊瑚を見につれてってくれます。
DSC_0075-w638-h355
船の底がガラスになっていて珊瑚礁のスポットへ!
写真ではわかりにくいですがメッチャ奇麗な熱帯魚とかが沢山見れます。
なんでもこの辺は有名なダイビングスポットらしいです。

天然記念物のサンゴとかも見れました。

そんなこんなで時間を潰し残りの仕事をサクっと終わらせます!
DSC_0077-w638-h355

かなり色々あった現場ですが、思い出が沢山残りました!

高知での今回のお仕事は無事これにて終了ぜよ!