高圧案件230kw アルミ架台組立 

2015年10月18日

現場での写真の撮れ高が少なかったので、内容が薄くなりますが高圧案件のアルミ架台の組み立てに行ってきました!

杭基礎は事前に打っているので基礎工事が気になる方はこちらを見て下さい

今回もベースと縦桟が別々になっているタイプのアルミ架台です。

DSC_0215-w638-h355

前回との違いは、角度が5度設計なのと筋交いが入らない事。

今まで数多く架台を組立てきましたが、角度5度設計は初じめての経験。

DSC_0003-w638-h355

横桟の取り付けをおこなっていきます。

一番長いスパンで東西に50m弱あるので中々やりがいがあります!なおかつ筋交いが入らないので、縦桟の垂直を取り持ちながら進めていきます!

DSC_0009-w638-h355

一番手前の小さいスパンはキュービクルを設置するさいに架台を組立た状態では邪魔になってしまうので後日キュービクル設置後に組立る事に。

 

今回の架台は、後ろ足の高さが40cmしかないので架台の組立とモジュール設置は相当楽ですが、配線関係やパネル間のアースの渡りなどは、パネル下にもぐり込んでおこなう作業になりますのでかなり手間がかかるでしょうね。