アルミ架台 組み立て設置工事

2015年10月01日

今回の記事は以前杭基礎工事をおこなった現場のアルミ架台の組立工事です!

今回のアルミ架台はベースと縦桟が分かれて納品されるタイプの物になるので、最初にベースをスクリュー杭に設置していきます。

ネジの向き

ベース金具の取り付けの際に注意する事はワッシャーやナットの向きです。写真ではワッシャーは滑らかな面を上に向けて取り付けます。

特に架台の保証などには関係ないですが、基本的な事なので職人さんの腕を見たい人はナットの向きやワッシャーの向きを見てみるとおもしろいかも。

DSC_0040(2)

この時点でベースの固定位置は、ほぼ完璧に出ていますがステンレス製のネジの場合は焼付き防止のためモンキーレンチでベースがズレない程度にネジを締めておきます。

DSC_0044

続いて縦桟の撒くばり!アルミなので優しく、そっと置いてあげましょう。

縦桟と足の固定位置のチェックをします。メーカーによっても多少違いますが、ほとんどのメーカーで1,2割くらいの割合で5ミリ程度のズレがある部材が出てきますので、部材のオールチェックを行います。

DSC_0051-w638-h355

この場合は、設計上は830ミリとなっているのに対し、納品時に822ミリで固定された状態できました。1センチ弱なのでかなりのズレですね。

DSC_0048-w638-h355

全ての縦桟のズレをなおしてベースに立てます。

DSC_0049-w638-h355

縦桟とベース金具の取り付け時は、写真の指の位置のギザギザ部分が斜めにならないように取り付けます。

DSC_0050-w638-h355

DSC_0056-w638-h355

今回の現場は筋交いが入る設計になっているため垂直が非常にとりやすいです。

筋交いを全部いれたらベースとスクリューの金具の増し締めをおこないます。

高さの調整をおこない、縦桟の増し締めをおこないます。

DSC_0061-w638-h355

続いて横桟の取り付け作業!どの架台でも基本、一本物でくることがなくアルミ架台はビスで横桟とジョイント(連結金具)を繋ぐ物が多いです。

DSC_0068-w638-h355

こんな感じにどんどん繋いでいきます。

横桟を全部固定した後に金具の向きに注意しながら増し締めします。

DSC_0071-w638-h355

通りもバッチリ!ここが歪んでいると最終的にパネルを乗せた際に仕上がりが悪くなってしまうので特に注意しています。